ホワイトニング

低価格・短時間のセルフホワイトニングで白く美しい歯に

低価格・短時間のセルフホワイトニングで白く美しい歯に
-セルフホワイトニング(SCTC)って?
「SCTC」とは、セルフ・ケミカル・トゥース・クリーニングのことで、お客様がご自身で行って頂く、 低価格・短時間で実現可能な歯のホワイトニングサービスです。
酸化チタンが配合されたホワイトニング剤を歯に塗布し、LED照射をすることで光触媒が起こり、有機物や細菌類を分解します。
そうすることで、日頃の飲食や喫煙などで溜まった歯の表面の汚れが落ち、本来の生まれ持った白い歯を取り戻すことが出来ます。

TVや雑誌で話題の大人気のセルフホワイトニング

Point01 笑顔に自信を持ちたい 歯医者でのホワイトニングと違い、ナチュラルな白い歯になるため口元に自信を持つことができ、自然と笑顔にも自信を持つことができます。
Point02 時間がないけどできる? セルフホワイトニングは一回の施術がおよそ30分~40分ほどで完了しますのでお気軽にご利用いただけます。
Point3 本当に白くなるの? 歯の表面をクリーニングするので、たばこやコーヒーなどで黄ばんでしまった方には高い効果があります。

ホワイトニングの価格

特別価格!

標準価格 \3,240(税込) → 初回限定価格 \1,620(税込)

はじめてのご利用でもれなく次回から
ご利用いただけるクーポン(3回分)をプレゼント!!

従来のホワイトニングとの違い

低価格・短時間のセルフホワイトニングで白く美しい歯に
-従来のホワイトニング
従来のホワイトニングは過酸化水素が主成分の溶液を使用して、色素を漂白することで歯を白くします。
歯にひび割れや虫歯などがあるとしみたり、ハロゲンライトなどの熱や高濃度の溶液だと歯茎に付着した場合に痛みを伴う場合があります。
また、過酸化水素によって一時的に歯のエナメル質の表面のカルシウムが失われているため、食事制限が必要になることもあります。
基本的に歯科医院で行うため、先に歯の状態を確認してもらえることがメリットとなります。
象牙質からくる歯全体の黄ばみを白くしたい場合は歯科医院でのホワイトニングが必要になります。

低価格・短時間のセルフホワイトニングで白く美しい歯に
-セルフホワイトニング
セルフホワイトニングで使用される溶液は酸化チタンが主成分で、人体に取り入れても問題がなく、気軽に行えることが特徴です。
歯に付着している汚れを落とすことで白くするため、象牙質からくる黄ばみの場合は効果が出にくい場合もありますが、従来のホワイトニングと違って溶液による痛みがなく、LEDライトを使用するので、ライトの熱で歯の神経が痛むこともありません。
また、食事制限も必要ないため気軽におこなえます。
汚れの分解の他に、消臭や脱臭、抗菌や殺菌などの効果があり、コーヒーやたばこなどの汚れが気になる方には1回でも効果が期待できます。

歯科医院で受けられるホワイトニングのほかに、PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)と呼ばれる、歯垢やステインなどの沈着物を落とし、歯を白くするクリーニングがありました。
セルフホワイトニングは、従来のホワイトニングとクリーニングの中間に位置した良いとこ取りのシステムです。

施術の流れ

1. ご来店~カウンセリング
ご来店~カウンセリング
内容をご案内させていただき、同意書にご署名を頂きます。

2. 歯磨き
歯磨き
通常の歯磨きを行い、唇の乾燥防止にワセリンを塗布します。

3. 器具装着
器具装着
マウスオープナーを唇に引っ掛けるようにしっかりと装着します。

4. 水分の拭き取り
水分の拭き取り
ティッシュ等で歯の表面の水分や唾液をしっかりと拭き取ります。

5. 溶液の塗布
溶液の塗布
歯全体にかかるように溶液を塗布し、余分な溶液を取り除きます。

6. LED照射
LED照射
目を守るアイガードを装着し、LEDライトを8分間照射します。

7. 2セット目へ
2セット目へ
1回目は汚れをクリーニングし、2回目でホワイトニング効果をより促します。

8. うがい
うがい
最後にもう一度歯磨きとうがいを行っていただき、トーンチェックをします。

9. 完了
完了
たまっていた汚れが落ちることにより、ホワイトニング効果でワントーン白い歯に。

セルフホワイトニングに関するよくあるご質問

※質問をクリックすると解答をご覧いただけます。

酸化チタンは、チタンの酸化物で「酸化チタン」「二酸化チタン」と呼ばれています。
歯磨き粉やホワイトチョコレート、カプセルなど、普段口にする食品などから、おしろいや化粧品まで様々な用途で使われている安全性の高い無機化合物です。
まずは本来の色へ近づけるために1か月に2~3回行っていただき、その後は汚れが付きにくくなるコーティングの作用を高めるため、月に1度のご利用をおススメしています。
光触媒は人工の歯の汚れも落とせます。
ただし、人工歯の元の色合いに近づくのみでそれ以上白くなることはありません。
セルフホワイトニングは歯の表面をクリーニングするという特性上、もともと歯の着色がない方や表面のエナメル層が薄いことによって黄色く見えてしまう方には、効果を実感しづらい場合もございます。
セルフホワイトニングにより虫歯が悪化するという事はありませんので問題ありません。