トラブル対策

10年後も変わらないキレイを保つために

10年後も変わらないキレイを保つために
ケイズでは、その場のキレイだけではなく、お客さまの毎日のキレイと10年後のキレイのために、全力でサポートいたします。
髪と肌の日々のお手入れやおすすめの商品、お客さまが「10年後もキレイでいるため」にどうしたら良いのかアドバイスいたします。
美容に関する気になること、分からないことがございましたらお気軽にご相談ください。

気になるお手入れ方法

日々のケアがめんどう…
夏と冬のお手入れの違いは?
「困った」の多い時期…

毎日のお手入れが未来を造る

毎日のお手入れが未来を造る
– 10年後もキレイでいるためのケアとは
美は一日してならず。毎日の積み重ねで10年後の美しさが決まります。
もし、「今から始めても…」「そう変わらないでしょ」と思われている方、今日から正しいケアを行うと10年後には違った未来が待っています。
コツコツと毎日のお手入れをすることが10年後もキレイでいるために一番大切な要素なのです。

お手入れは基本が大切毎日のお手入れが未来を造る

美肌を保つには洗顔から
– 美肌を保つには洗顔から
メイクが少しでも残っていると、肌荒れやニキビ、色素の沈着など、お肌のトラブルに繋がります。
毎日このような状態が続くとシミやシワの原因になってしまうことも…。疲れて帰った時でも、必ずメイクを落としてから寝ることが大切です。
そして、メイクを落とす時に気をつけたいのは「強くこすらない」こと!
お肌が傷ついたり、乾燥しやすくなってしまうので、必ず優しく
洗いましょう。

ふさふさの髪を保つには
– ふさふさの髪を保つには
髪は人の印象を決める要因の一つ。ふさふさとした豊かな髪は若さの象徴でもあります。
実は最近多いのが、つやつやサラサラの髪を保とうと、コンディショナーやトリートメント、ヘアオイルなどをつけすぎていること。適量をつけると効果がしっかり出るケア用品ですが、つけすぎると頭皮のターンオーバーを妨げてしまうことも…。
トリートメントは週に1回ほどで十分効果があります。ケア用品のつけすぎに気をつけましょう。

美容の3大対策
– 美容の3大対策
年齢を重ねるごとに気になってくるシミ・シワ・たるみ。
これらを予防するためのアンチエイジングとリフトアップ、そしてデトックスが必要になります。
アンチエイジングで体の機能が衰えるスピードを緩やかにし、リフトアップで
見た目を若々しく保ち、デトックスで身体の中から美しさをキープすることができます。
毎日のスキンケアやヘアケア、バランスの良い食事がキレイを保つ秘訣です。

季節のトラブル

その季節にあった対策を
– その季節にあった対策を
春夏秋冬、季節によってお肌や髪のトラブルも様々です。
美容の大敵である乾燥や紫外線…その季節ごとの気温や湿度の変化など、お肌や髪にトラブルが起きる原因は様々な箇所にあります。
季節に合わせた、その時に必要な対策をとることがキレイを保つ秘訣です。

– 風が強く髪も肌も汚れがちに
冬から季節がかわる中間期は身体が混乱しやすく、美容に関するお悩みが増えます。花粉やPM2.5などの影響で髪も皮膚も汚れがちになるため、トラブルが起きやすくなるのです。
この季節は毎日のスキンケアの前に、シャンプーや洗顔などをしっかりと行う必要があります。
春は気温が上がり新陳代謝と血液循環が活発になり始める時期。
髪とお肌のキレイに洗ってからきちんとしたケアを行うと、しっかり吸収してくれる良い時期でもあります。

風が強く髪も肌も汚れがちに

– UVケアは紫外線の違いに注意!
夏はやはり「紫外線」が気になる方が多いと思います。あまり知られていないのですが、紫外線には「UV-A」「UV-B」の2種類があり、UV-Aはコラーゲンの劣化などを引き起こし、UV-Bは日焼けの原因となります。特にUV-Aは雲やガラス窓も透過して皮膚の真皮層まで届くため、しわやシミの原因となってしまいます。
肌への負担を少なくするため、日焼け止めは紫外線吸収剤を含まないノンケミカルタイプのものを選ぶようにしましょう。

UVケアは紫外線の違いに注意!

– 季節の変わり目で身体の調子がくるう季節
秋になると、気温が低くなり始め、食生活が冷たいものから温かい物に変わっていく…そういった変化から身体全体が乱れやすくなります。この頃に、夏に受けた紫外線によるトラブルが現れるため、気分も憂鬱になりがちです。
また、冬に向けて空気が乾燥し始める時期でもあります。しかし、炎症に抵抗するホルモンの分泌が盛んになるため、クリームや化粧水などで水分補給をしっかりと行い、お肌のキメを整えるケアがオススメです。

季節の変わり目で身体の調子がくるう季節

– 肌荒れしやすくなる「乾燥」への対策を!
寒くなる冬は新陳代謝が悪くなり、乾燥することで肌荒れが起きやすい季節です。皮膚が乾燥すると真皮が緩み、肌の表面にシワやたるみが出てきてしまいます。加湿器で室内の湿度を上げるのはもちろん、お肌と髪へしっかり保湿をしてあげる事が大切です。
また、コラーゲンとエラスチンを摂ることで肌の柔軟性と弾力性を保つことができますので、化粧水や乳液、美容液などでの外からのケアと共に、バランスの良い食事やサプリメント等で体の中からのケアの重要です。

肌荒れしやすくなる「乾燥」への対策を!

嫌なジメジメ……梅雨の時期はトラブルがいっぱい

べたつき・てかり

雨が降ると湿度の高い状態が続きます。美肌にとっての理想の湿度は50~60%と言われてますが、雨の日は70%を超えてくると言われています。
湿度が高いと肌から汗が蒸発しにくくなること、過剰に分泌された皮脂と共にベタつきを起こす原因となっています。
毛穴に詰まった皮脂を洗顔で取り除いたり、オイルコントロール効果のあるビタミンCを使ったケアを取り入れること。
化粧品に皮脂吸収パウダーを使用しているものを使うことで日中のサラサラ肌を保つことができます。

くすみ

梅雨寒という言葉があるよう、急に寒くなる日や冷房で血管が収縮し血行不良を起こして透明感が失われます。
半身浴で体を温めたり、蒸しタオルをあてたり、血行促進を促すバックを使用したり、頭皮のヘッドスパで血流を促進することがオススメです。

毛穴トラブル

皮脂分泌が過剰になったり、油分が不足していると出そうとすることで大きく開き、目立ちやすくなります。
毛穴の出口が小さいと塞いで白いプツプツが目立ったり、皮脂が空気に触れ酸化すると黒くなったりもします。
不要な角質により深さができることで目立つこともあります。たるみによる涙型の毛穴が気になったりもします。
皮脂つまりや不要な角質を取り除くケアや、毛穴を引き締めると言われるビタミンCを使ったケアを取り入れましょう。

ニキビ

古い角質や皮脂が毛穴を塞ぎ、詰まると菌が繁殖しやすくなりニキビができると言われています。
すでにニキビが出来てしまった部分は、毛穴の詰まりや余分な皮脂を洗顔で取り除き、炎症を抑える成分の入ったジェル等で肌を落ち着かせましょう。
取り去るだけでなく過剰な皮脂の分泌を抑え、水分と油分のバランスを整えることが大切です。

ケイズは、お客さま一人ひとりのお悩みに向き合い、一緒に解決いたします。
美容に関するお困りごと、ご質問がございましたらお気軽にご相談ください。